NEWS

2018年5月16日水曜日

少しだけ追記すると、、


宮下 慎司です。

ある方から5月15日のBlogを見られて「すごくネガティブなBlogだけどSeltieヤバいんですか?」的なことを言われました。

ので、少し追記致します。


Seltieは好調です。

ここ5年くらいで今が一番良い状況です。


ただ、"良いから"と言っても自分の理想からは程遠いですし、もっともっとやらなくてはいけないという意識の方が強すぎて好調ですがまだまだ全然という感じです。



そして、「副業」は言ってしまえばやらなくても良いと言えばやらなくても良いのです。

生きていくことだけを考えれば大丈夫です。

ほとんどのセレクトショップの代表者の方はやっておられないと思いますので。



でもお客様、家族、スタッフ、友人、知人、

助けていただいた方々への恩返しをするにはSeltieとは別でもっと稼がなくちゃいけないと考えています。(Seltieで稼げばいいんじゃないの?と普通はなりますが、その結果が過剰な在庫であったり、セールだったり、したくないことをする羽目になります。それは悪循環を生むだけです)

その全てをSeltieや上記の方々へしっかりと使っていく。(僕はその方々に支えていただき今もこうして営業出来ておりますので、、)

借金も数千万円ありますが、これも毎月数年返し続ければ終わるものですが僕は2019年中に全て完済したいと思っております。

普通に考えたら出来ないのですがそれをやろうと決めてしまいました。

副業というお仕事自体も今までのスキルや人との信頼を基軸したものであり、まったく関係のない分野のものは恐らくやれない(出来ない)と思います。



服が好きです。

本当にこの仕事が好きです。

Seltieが大好きです。

ただただそれだけです。



Seltieで頑張ることはもちろんのこと(お客様に楽しんでいただく為の努力)、個人としても大いに活動し、あらゆることを経験しながらそれをSeltieへと還元していく。

それをずっとずっと続ければ、もしかしたらあんまり見たことがないような、どこにもないような、絶対に誰も真似が出来ないようなショップが出来るんじゃないかと思っています。きっとそれくらいやらないとダメなんだと思います。

つまらない人間がショップ営んでもつまらない店にしかなりませんので。。

その為に宮下 慎司としてもとにかく活動し続けます。


宮下 慎司

2018年5月15日火曜日

コンセプトは「お金を稼ぐ。そのお金を信じたヒト、モノ、コトに使う。その為にとにかく稼ぐ」


宮下 慎司です。

気が付けば最後のBlog(2018年1月)から4ヶ月もの月日が経ってしまいました。

この期間に色々なことがあり、悩み苦しみ涙し、今はとても穏やかに楽しく過ごしています。



Seltie、Seltie NAGANO(長野店)、NewTimeの3店舗を営業しておりましたが、

2018年3月末で長野店は不定期営業にさせていただき、NewTimeも譲渡を前提とした協業のスタイルにし、スタッフも減って1人となり(奥さん含めて2人)、僕自身本当に久々にSeltie1店舗のことに注力しています。

Seltieをもっと大きくしようもっと大きくしようとブランドが増え、スタッフが増え、店舗が増え、考えることも責任も何もかも増えて、自分の理想がどんどん遠ざかっていくこと、やることなすこと全部うまくいかなくて、この数ヶ月に色々と考えて行動してきたわけです。

荷(責任)をどんどん減らしていくとなんだか思考も身体も非常に身軽になります。

何十回と失敗を繰り返しながらようやく自分の理想ややっていかなくてはいけないことにも気が付けたわけです。





Seltieは僕の本当に好きな場所であり、居場所であり、何よりも大切にしてきたものです。

ここで本当に多くの方々と、服を、会話を、出会いを楽しみ、多くの方々の支えがあって今も営業が出来ています。



僕はこの大切な場所で"ビジネス"をしてきました。



経営の「け」の字も知らないただの服好きの販売員が経営者になったわけです。

経営のことなんか分からないことしか無い販売員が一丁前に経営して、数千万円の借金背負って、

それでも純粋に服が好きで、お客様と共感出来ることが楽しくて、もっと沢山の服を見てもらいたい、楽しんでもらいたい、ただただそれだけを考えてきました。

今も僕の根底はここにあります。




Seltie Blogの方に書いていますが、「セールをしない」強い店作りをしたいという思いが強くありますが、なんでかと言えば大切な顧客様がセールで喜ぶどころか悲しませてしまうことが多いから。

支えていただいているのにそういうことはもうしたくない。

そんなことをしたくてやっているんじゃない。

そういうモヤモヤしたことがどんどん嫌になってくる。

ありとあらゆるものを削ぎ落とし、無駄な在庫も必要無い。




そして、僕は強い経営者になることを決めました。

大切な場所で"ビジネス"をしてきましたがビジネスがしたいんじゃない、だからこそ経営のプロになろうと。強い店にしようと。

丸7年経ちましたが、15年、30年とお客様と歩んでいく店作りを本気で作ろうと。

嘘をついて経営してきた覚えはありませんが、何の偽りもない、絶対的な信頼感、ずっとお客様と歩んでいける(出来れば生涯にわたった!)、そんな店を作りたい。

本気で作りたい。

計画性のない経営はズボラで、勢いだけで、そういう無駄は必ずお客様を傷付け、スタッフへの精神的な負担や不安になり、それが悪循環となり、店の環境(空気)を汚し、自分へと跳ね返ってきます。

そういう店はこれからの時代では絶対に生き残れるはずがない。




全てを徹底的に見直し、徹底的に計画し、今もその最中です。

数日に1度は計画を見直し修正しながら、、、そんな日々です。

必ずそんな店にしてまいります。







そして、去年から少しずつ頭の片隅にあった「副業」に本格的に力を入れており、

Seltieとは別で個人で仕事もしております。



今までの経験(Seltieの看板)を生かしながら、恥ずかしげもなく書きますが、

個人の仕事のコンセプトは

「お金を稼ぐ。そのお金を信じたヒト、モノ、コトに使う。その為にとにかく稼ぐ」



「お金を稼ぐなんて・・・」と思われそうですが何を言われても僕はこのコンセプト以外まったく考えていません。



僕の信じているヒトはお客様であり、家族であり、スタッフ、友人、知人、

モノは今僕が纏っている服であり、

コトはSeltieでの体験や営業そのものであります。




個人で得たお金のを信じたものへ惜しみなく使う。

Seltieは仕事ではない。Seltieでビジネスなんてしない。(強い経営はします)



今まで支えてくださった皆様へ絶対に恩返しをする為に。

数千万円の借金をなるべく早く返す為に。笑




まだしていないこともありますが最低4つの仕事はこなします。

身体は1つなので出来ないことはもちろんしませんが、身軽になった今それは可能です。

その仕事についてまた書いていきたいと思います。


宮下 慎司

2018年1月19日金曜日

服屋が服屋やっていったその先を一緒にやっていきたい。


宮下 慎司です。


Seltieの代表として今Seltie、Seltie NAGANONewTimeと3店舗を運営しており、別枠でSeltie for Kidsがございます。


闇雲に店舗を増やしたわけではなく、自分の得意なことややってきたことを使って幅を広げてきました。


NewTimeは
お客様から私物を委託にてお預かりしてその中からセレクト(バイイング)していくという仕組み。経営的にはリスクは0で(仕入れという意味で)、売れた場合はその50%をお客様に還元。そのお金がSeltieで洋服を買う際の資金の一部になっていただければいいなと。



Seltie for kidsは
子ども服という服は服でもまったく異なるジャンルにおいて、今まで自分のやってきたバイイングの力を試すために1年間のリサーチをして開始。自分に子どもができて欲しい服が近くにないことが原動力となっております。


こちらは「2年間は赤字で3年目からようやく利益が出る」「まずは30%売れれば上出来」という業界にて、確かに赤字をたたいていますが、顧客様に支えられ徐々に数字は伸びております。

今年はようやくその赤字から抜け出せるかと思っています。



Seltie NAGANOは、
今までやってきたことを完全に別の場所で活かして、1から育て上げる試みです。

全然公表していませんがNewTimeとして私物のお預かりもしますし、キッズ商品も置いており、全てを凝縮したお店です。

ここの場所でお客様に愛させるお店を作ることが出来たならば、恐らく県外に出ても戦えるとは思いますがこれにも沢山の時間がかかることは間違いなく、今がその最中です。




次の段階としては県外に出ることではありますが、県外で「Seltie ◯◯(都市名)」をやるつもりは一切なく、Seltieはこの長野県のみと思っています。

Seltieというものを良くしよう良くしよう、お客様に楽しんでもらおうと必死にやってきていますが、

今ある段階から所謂通常の「上」にいく為には、良い立地にて、店舗を増やして、スタッフを雇って、ブランドを増やして、沢山買い付けて・・・・という先人と同様の道を歩む方法しかないように感じました。

この仕組みは数年前、数十年前にかなりの成功をおさめて太い顧客様が未だにい続けるショップならまだしも、それ以外は確実にやっていけない。まずそこに未来はない。



「どうしていくのが良いかなー」と考え続け、失敗してきた中で、

1店舗は基本1人(か2人で十分)。

その1人で新品の買い付けからオンラインストアへの商品掲載、NewTimeのような仕組み(お客様への還元)や、リスクと投資を踏まえた上で興味があれば子ども服や雑貨等の取り扱いを行う。

ここでは最低限は食べていけます。

でも当然ながら、僕らは"商品がないと商売が出来ません"

それを打破しないと商品ありきで商品がなければ1円も稼げませんので、個人で一体何が出来るか、ここが勝負どころ。

僕はそれがずっと服である必要性を感じていましたが、その必要性はまったくないと。むしろ服という縛りがあったからこそ服でしかお客様に還元することが出来なかった、、



Seltieは副業・複業OKです。

でも肝心の代表者が副業してないってのがそもそもダメだなと。

服屋が服屋やっているのは当然。その服屋の看板を使って何が出来るのか?

書き始めたBlogもその考えの1つであり、これからがとても大事な時です。

その活動を書いてまいります。


宮下 慎司

2018年1月16日火曜日

入学式と宮下 慎司としての活動を。

Seltie代表の宮下 慎司です。

2018年1月16日。2月2日でSeltieは7周年。

まさかこのようにSeltie blogの卒業式からまたこの場にてBlogを書くとは思いませんでしたが、現在書いておりますseltie.com内のBlogとはまた別のことを書いていこうと本日決めました。



2017年のSeltie6周年の際に行ったクラウドファンディングにも書いておりますが、





僕は服で人生が変わり、
「自分を変えてくれたような服を多くの方に着ていただきたい(届けていきたい)」
また
自分のように服で人生が変わった人が末長く働ける環境」をつくることを使命と考えています。




今毎日書いているSeltie Blogはやはり洋服を楽しみたい方がご覧いただくのが一番ですし、そこにも僕の暑苦しいBlogは書くにしても、
経営的なことを書いたり読まれる方が「?」と思われることを書きたくないこと(たぶん書いてしまいますが)、

これから宮下 慎司としてやっていくことに賛同くださる方、一度はアパレルという世界から離れた方(諦めた方、嫌になった方、離れたい方)がもう一度復帰して末長く働ける環境を一緒に作っていきたいということ、

僕含めて1人でやれることに限界があるからこそ、共に協力をし、お互いがより良くなっていくことで関わる方々が今よりも幸せになっていくこと、

それを本気で取り組もうと思いこの場でそのことを書き綴ってまいります。



服でお客様を幸せにしたい。

服で家族を幸せにしたい。

服でスタッフを幸せにしたい。

それを願い続けて今も生業としています。



アパレルで働きたいという方は未だに沢山います。

自分のお店を出したいという方も沢山います。

お店を続けたいけど辞めなければいけないという方もいます。



「純粋に服が好き」というその気持ちがなかなか報われない現状を一緒に考え、一緒に行動することによってより良くしていきたい。

それは絶対に出来ます。



Blogで何度も書いている通り、Seltieは"わがまま"という1つの考え方であり、Seltieがわがままである以上は当然色々な形のSeltieがあっても良いですし、誰にでもSeltieはあるわけです。

自分のセレクトが一番だとも一切考えていません。

ただ絶対に誰にも真似できないことをやっているという自負だけはあります。

毎日書くことはないかもしれませんが、Seltieではなく宮下 慎司として書いてまいります。

今後も商品紹介は一切ありません、、、

宜しくお願い致します。


宮下 慎司